にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ

2007年06月27日

保育参観&授業参観

16日(土)に保育参観、17日(日)に授業参観がありました。
父の日ということで、本来は父親参観となるわけだが、
旦那は両日とも仕事のため、あたしが参観してきた。

幼稚園では、お父さんの参加率が高かった!
園内に入れるのは保護者1人のみなので、
お父さんかお母さんのどちらかが参観できる中で、
お義母さんが5人に1人くらいしかいなかった。
末っ子も「どうして ぱぱ いないの?」と不服そうでした。

内容は親子で体操だったんだけど、お父さんが来ることを想定してて、
子供を持ち上げて体操するというハードなことをやった。
末っ子が小さくて軽くて助かったわ。

小学校の授業参観は、2時間目と3時間目なので、
3番目と息子を1時間ずつ見ることができた。

2時間目は低学年の3番目を見に行った。
低学年はお父さんとお母さんが揃って見にきているところが多かった。

授業内容は「まち博士になろう」。
みんなが住んでいる町の、お気に入りの場所や不思議に思っている場所を
出し合って、詳しくなろうというものだった。
班ごとに話し合って意見を出すとき、3番目は班をリードしてた。
なかなかやるじゃん。
そんで、3番目が不思議に思っている場所というのが…。
小学校の体育館の近くに地下に入る場所があって、そこは何なのかと。
先生もあたしも「???」だった。
だって、そんな場所に地下なんて見たことがないんだもの。
夜、ママさんバレーについてきたときに発見したらしい。
3番目だけに見える地下への入り口とは一体…。
{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ〜〜〜〜〜

3時間目は息子のクラスへ。
こちらは圧倒的にお母さんが多かったな。

道徳の授業で、サハリンで大火傷を負って日本で治療を受けた、
コンスタンチンくんのことを取り上げていた。
あたしら世代には懐かしい話ではあるが、若い子は知らないかな。
「国境を越えた救出劇」こちらに詳しく載ってます。
この話を通じて、命の大切さ、協力し合うことの素晴らしさを
知る授業だった。

年齢が大きくなるに連れ、お父さんの参加が少なくなるのね(笑)
これが、中学校の先輩ママさんから聞いた話だと、
中学の授業参観はお母さんもあまり来なくなるらしい。
うちは旦那がカレンダー通りの休みじゃないからしょうがないけど、
だんだん親が子供を見なくなるのはちょっと寂しいな〜。
と、思った2日間でした。
posted by きーまま at 00:07| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 育児日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

迷子の迷子の…♪

長女が通う中学校は今週「開かれた学校づくり・学校公開」をやっていて、
昨日はあたしが受付係をやってきた。
話が出たときから、小学校よりも暇だとは聞いていたが、本当に暇。
2時間半ほど受付にいたのだが、業者が4回くらい出入りしたくらい。
先生の許可を得て、受付でマンガを読んでいました(笑)
長女とYちゃんが休み時間に遊びに来てくれたのが嬉しかった。
中学生くらいになると、親と一緒にいるところを見られるのが
恥ずかしがる年頃なんだろうけど(あたしもそうだった)、
長女はまだまだお子ちゃまなのね、あたしがいるのが嬉しいらしい(笑)
3年生が体育をやっていて、休み時間に移動するときに、
ちゃんと挨拶をしてくれた。今どきにしちゃ、礼儀正しい子たちだね。

午後は長女と一緒にお買い物に行くことにした。
中間試験の前だから、部活はお休みということなので。
自転車に乗って、川口駅近くのお店に向かった。

長女から聞いた話では、
先生の指定で1足5千円のソックスを買って来なさいと言われたって。
それは高すぎる!なんでそんなものを強制的に買わされるのか?
って思ってたけど、他のお母さんからよく話を聞いたら、
先生の指定ではなく、みんなで揃えようって決めたらしい。
そんで、1足5千円ってのは全然違ってて、2足3千5百円。
長女よ…あんたの勘違いじゃなかったら、何を企んでいる???
長女を呼んで問い詰めたら、
先生に言われたと言わなかったら買ってもらえないと思ったんだって。
で、金額のほうは勘違いだったらしい。
あーのーねー。1足5千円と2足3千5百円じゃ、全然違うじゃんっ!
部活の仲間とお揃いにしたいのは、あたしだって部活経験あるんだから、
わかりますとも!
2足3千5百円くらいなら(それでも高いと思うけど)買いますよ!

と、そんなわけで、バボちゃんのマークが入ったソックスを買いに。
受付が終わってから、家に帰りインターネットで地図を調べた。
うちの近くではそのお店でしか手に入らないものらしい。
ふむふむ、ああ行って…こう行って…なるほど、自転車で行けそうだ。
プリンタが使えなくてプリントできないけど大丈夫でしょう。
と思ったのが大間違いだった。
途中までは順調に進んでいたのだが、地図にはない行き止まりについた。
おかしい…。大きな道を道なりに進んでいけばいいはずだったのに。
Uターンをしてみたが、今度は自分らがどこから来たのかがわからない。
……親子で迷子になってしもーた……
自転車でウロウロ…。後に座っていた末っ子はウトウト…。
1時間くらい迷子状態が続いて、やっと、家の近くを走る高速を発見!
そこをめがけて進んだら、なんとか見覚えのある景色になった。

あたしも長女も疲れたし、末っ子はあたしの後ろで完全に寝てしまったので
お買い物はまた後日ってことになった。
帰ってから改めて地図を確認してみると、行き止まりまで合ってた!
そこを右に曲がれば良かったんだ〜。
しかし、そこまででも遠いと思ったのに、そこからまた倍以上の距離。
こりゃ、自転車で行くのは無謀だなと、初めて思ったのでした。
posted by きーまま at 12:33| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

運動会〜中学校編〜

日曜日に中学校で運動会がありました。
今年は中学校で役員を引き受けているので、
他の保護者よりも早く学校に行って、お手伝いもした。

せっかく早く学校に行くのだから、良い席を取ろうと思って、
家族みんなが座れるように大きなレジャーシートを持って出かけた。
そしたら、誰もまだ保護者席を確保していなかったので、
一番いい場所をゲットして、持ち場に移動した。

あたしの担当は、来賓のお茶出し。
保護者席よりも更にいい場所で生徒たちを見つつ、
来賓にお茶を配りながら、後から来る家族を待っていた。

その間に気付いたこと…。
中学校は小学校と違い、保護者席の場所取りにせかせかしていない。
それどころか、日曜日なのに、応援に来る保護者が少なく、
レジャーシートを敷いているのは我が家だけだった。
これにはビックリして、一緒の担当の人と話していたら、
「ああ、あたしも去年びっくりした。中学校はこんなもんみたいだよ。」
そうなんだぁ〜。
まあね、小学校はお昼に保護者席で生徒と一緒にお弁当を食べたけど、
中学校は生徒に給食があるんだよね。
だから、わざわざお弁当も作らないし、レジャーシートもいらないのか。
それでもうちは、少なくとも5人分の食料が必要だから、
やっぱりお弁当が必要になるんだけど(笑)

開会して少しの間はお天気が良かった。旦那と下の子供たちも来た。
がっ!急に湿った風が吹き、空が暗くなってきた。
降りそうだね〜と他の役員さんと話しているところに、
激しく雨が降ってきた。
旦那はレジャーシートをそそくさと畳んで、荷物を持って、
下の子たちを連れて、屋根のある場所へ移動。
あたしたち役員は、来賓席のテントの中に入れてもらった。
雨は更に激しさを増し、雷まで発生。
運動会は途中で中止になってしまった。

そして火曜日、日曜日の続きから運動会をすることになった。
平日なので来られない役員が多くて、担当が変わっていた。
今度は保護者席と児童席の境界線を見張ることになった。
日曜日でさえ応援に来る保護者が少ないので、
平日で保護者席の見張りと言っても、何もやることがなかった。
ただ炎天下の中突っ立っているだけだった(笑)
旦那も仕事だし、下の子たちは小学校と幼稚園なので、
昼飯の用意はあえてしなかったわ。
学校からおにぎりが出たので、それで済ませた。

3年生の競技から運動会がスタート。
1年生の長女は、借り物競争、ダンス、学級対抗全員リレー、
そして部活対抗リレーに出た。
んまー、あのー。本当に運動部?ってくらい、どんくさい長女でした(笑)


一緒に仕事をしていたのは、4人のお母さんと3人のお母さん。
そして、休憩中におしゃべりしていたのが、5人のお母さん。
あたしの周辺だけ見てたら、どこが少子化?って思ってしまう。

途中抜けさせてもらって、幼稚園に末っ子を迎えに行って、また戻る。
そうしたら、お相撲さんがたくさん来てた。
それも、あたしが担当しているところの近くに10人くらい。
末っ子は大きな大きなお相撲さんを見て、最初はビクビクしていたが、
優しく話し掛けられて、すぐにお相撲さんと仲良しになった。
膝の上にも座らせてもらってたよ。
tweetyさん用に写真撮ってりゃ良かったかな〜。
結局1枚も撮らなかったけど。
運動会が終わると、後片付け。
重いものはお相撲さんが運んでくれました。
posted by きーまま at 13:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

末っ子、個人面談

今日は幼稚園で個人面談がありました。
家では全く言うことを聞かない末っ子だけど、
幼稚園ではわりと素直に先生の言うことを聞いているらしい。
逆のパターンよりはまだいいか(^^;

ピカピカの新人の担任と、3番目の担任だったベテラン先生との面談。
あたしは開口一番で気になっていることを質問した。
「この子、すっごい気が強くて家でも手を焼いているんですけど、
幼稚園でお友達をいじめてたりわがまま言ったりしてませんか?」

ほとんどのお母さんは、お友達と仲良くできているかと言う心配でも、
自分の子がいじめている心配はあまりしないだろう。
でも、末っ子ばかりは、いじめられる心配よりも、
いじめる心配のほうが大きいのだ。
きょうだいケンカだって、上の子に負けちゃいない。
思い通りにならないと、引っかいたり噛み付いたりする。
そのたびに怒るんだけど、全っ然、言うことを聞かないの。
ベテラン先生も、
「確かに3番目ちゃんとは違いますよね。
3番目ちゃんは叱ったらしゅんとしてたけど、
すえっこちゃんは叱ってる間によそ見してたりしてます。」

ほーら、やっぱり。先生、うちの末っ子がこんなんでごめんなさい。
でも、自分からお友達をいじめていたりすることはないって。
クラスの子と仲良く出来ているみたいで安心した。

話の中心はおもらしのこと。
なんせ、トイレに行くようになったのが入園寸前だったからね。
5月まではよくおもらしをしてたけど、
ここんとこは自分でトイレに行くようになったって。
家でも、1人で行けるようになってきた。
時々、おぱんつの下ろし方が甘くてひっかけちゃったりはするけど。
ひとりでトイレに行けるようになっただけでも大進歩だ。

きょうだいは仲良く出来ているのかって聞かれたので、
3番目と末っ子がよくケンカするって話したら、ベテラン先生が笑ってた。
そこから、末っ子大暴走事件の話に。

先週、3番目と3番目のお友達が、末っ子と一緒に外で遊びたいと。
ここでダメって頑なに言っておけば良かったのだけど、
「ちゃんと面倒見るから。」と必死に言っているので、
そこまで言うなら…と、3番目たちに末っ子を預けることにした。
予想は悪いほうにあたり…末っ子がいなくなったと3番目が帰ってきた!
とりあえず3番目を家に待機させ、自転車で捜しに行く。
3番目が見失ってしまった場所にも、近所の商店街にもいない。
そーいや、公園に行きたいって最近よく言うよなあ。と思い出し、
商店街を抜けて公園に行ってみる。
すると、公園の中で家の形をした遊具の中にいた。
近づいてみると、中学生くらいのお兄さんお姉さんに囲まれて遊んでた。
ホッと胸を撫で下ろし…思いっきり叱った。
ぱぱにはほっぺをつねられたぞー。
それでも懲りない末っ子。翌日には家から脱走。
ドアの音ですぐに気が付いて取り押さえたけどね。

そんな話をしてたら、先生も「それはこわい。」だって。
幼稚園でも最初のほうはよく部屋を抜け出したけれど、
何度も言い聞かせをしていたら、最近はしなくなったって。
先生、その言い聞かせを伝授してください!!

あっという間に面談の時間は終わってしまった。
もうちょっと、幼稚園の先生のノウハウを聞き出したかったわ。
posted by きーまま at 16:45| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

虫退治中に

虫さんたちが活き活きと動き回る季節になりましたが、
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
春から、あたしにしちゃ頑張ってお掃除してきたつもりなんですが、
ゴキブリ様を見かけるようになってしまいました。
というわけで、アースレッドで虫退治をすることにしました。

子供たちが学校・幼稚園に行っている間の平日の昼間がいいかな。
しかし、あたしゃどこに避難しよう…。
と、考えているところへ、タイミングよくカラオケのお誘いがあった。
PINTELの元相方、rumiからのメールだ。

rumiとはもう7年くらいの付き合いになる。
我が家にパソコンがやってきて、インターネットを使い出して間もなく、
チャットを通して知り合った。
そこからメッセンジャーで相談事をしたり、くだらない話で盛り上がったり、
ちょっとパソコンに慣れてきたところで組み立て式のホームページ作成、
自分が使いたい画像の素材がなかなか見つからず、
ついには「自分で作っちまえ。」と素材屋を作りたくなってきて、
FLASHのセンスの良いrumiと一緒にPINTELを起ち上げた。
そしてチャットのメンバーのオフ会のときに顔を合わせて、
実際に話をして、親交を深めていった。
最初は頼れるお姉さんと思っていたのだが、rumiにも脆い所があって、
辛いときに支えあったりして、親友と言うより「相方」的存在になった。
今はもうそのチャットは閉鎖され、rumiにもいろんな事情があり、
rumiはPINTELを卒業してしまったのだが、
今でもお互い「相方」だと思っている。
1年以上連絡してなくったって、たまに連絡があれば、
盛んにやり取りしていた頃みたいにすぐに戻れる。
あたしゃ、rumiのセンスの良さ、聞き上手なところを尊敬していて、
rumiは、騒動を起こすと本気で叱るあたしに感謝してくれている。
rumiのFLASHのセンスの良さは、PINTELを観てくれればわかる。
彼女がいたから、PINTELを起ち上げられ、
彼女がいたから、いろんなことを乗り越えて、今の家族がある。

そんなrumiから久しぶりにきたメールが、
タイミングの良い、カラオケのお誘いメールだった。
じゃあ、火曜日に!ってことで、一緒に行くことにした。

朝、上の3人を学校に行かせ、末っ子を幼稚園に送っていって、
帰ってからアースレッドの準備をしながら、
ANIMAXのドラゴンボールを観て(笑)、
観終わったら虫退治を開始して、約束の場所へ出かけた。
あたしゃ15分くらい遅刻したが、rumiは1時間近くの遅刻だったよ〜。
まあ、rumiとの約束は、いつもこんなもんさ〜(笑)。
長女ちゃんも一緒に来ていた。ギャルだ(笑)

いざカラオケ店へ。
長女ちゃんが連続で歌っている間に、母たちはおしゃべりに夢中。
あの頃のチャットメンバーはどうしてるのかね〜、とか。
自営の先輩のrumiに確定申告などの相談したりとか。
あの時はああだったね〜と、昔話に花が咲いた。
話が落ち着いたところで、戦闘(?)開始。
思いっきり歌ってきたぞ〜〜〜!


さて、末っ子のお迎えの時間が近づいたので、ここらで解散。
楽しいひと時を過ごさせてくれて、ありがとー(^^)

ママチャリを飛ばして家に帰り、ドアと窓を全開にして換気。
マスクをして家に入ったのに、吸ってしまって咳き込んでしまったわ。
ゴキブリ様が数匹ひっくり返ってた( ̄_ ̄iii
本当は掃除をしてから末っ子を迎えに行く予定だったのだが、
換気している間にお迎えの時間になってしまったので、
迎えに行ってからおばあちゃんのところに連れて行き、預かってもらった。
預かってもらっている間に、一気に床を掃いて、掃除機で掃除。
普段のお掃除より、きれいになったもんねー。
posted by きーまま at 15:47| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 育児日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。