にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ

2008年08月19日

オリンピックについて思うこと。その1

なんやかんやで開催されました。北京オリンピック。
え、遅いって?(笑)
現時点で思うことを色々と。

競泳、平泳ぎの北島。(= ̄▽ ̄=)V やったね。
100mで世界新。200mも金メダル。
200mの記録にご本人様は納得してないようだけど、
抜けなかった世界記録って、自身の記録なのよね〜。
いやしかし。平泳ぎ以外では、フェルプスが圧倒的でしたわね。
8冠ですか!うーむ。
北島がメダルを取った後、野球のイチローが「お前は魚類か。」というツッコミがあったようだけど、
その言葉、そのまんまフェルプスに捧げましょう。

柔道。(-_-;ウーン…どうにも納得のいかないと言いますか…。
日本の柔道は世界に出て、すっかり「JUDO」という別の競技になっているような。
柔よく剛を制す。相手の力を利用して倒すのが柔道の基本。
ところが、今大会では、責めつづけていないと「指導」になり、反則ポイントになってしまう。
剛道ってかぁ〜?
投げられやすい軽量級ほど、慎重になって当たり前。
谷亮子対策としか思えない制度になってるんじゃないのー?
結局谷亮子は準決勝で敗れたわけだが、指導によるポイントの差だった。
この準決勝の相手、構えからして防御の体勢じゃなかった?
奥襟をつかもうという手つきではなかったよね?
逆に奥襟をつかませないような手つきに見えるんだけど。
それこそ、指導取られないのかしら???
そんな「JUDO」にも負けず、谷本歩実は柔道らしい柔道で全て一本勝ち!
谷亮子の試合でモヤモヤしてた気分をスッキリ晴らしてくれました。

フェンシング、日本はメダルを取ったことないんだってね?
日本人初のメダルをもたらしてくれた太田雄貴、アッパレ!

レスリング、強いね〜!全階級でメダル。
浜口京子は銅メダルだったけど、過去のような変な判定もなく、納得のいく試合だった。
伊調姉妹は引退表明か…。実力もあるし、年齢もまだまだと思うだけに、まだ頑張って欲しいな。
吉田沙保里、文句なしです。強い!の一言に尽きますな。
「JUDO」でも通用できるんじゃないでしょうか。

バレーボール。男子よ…全敗って!ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
全試合で取ったセットが4つって!ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
GOTTSUがいて、越川がいて、ゴリがいて。
高さは西洋人には敵わないけど、攻撃力でそんなに差はついていないはず。
何が違うのか。メンタル弱すぎー。選手もだけど、監督が。
ベネズエラ戦。2セット連続で取られ、3セット目のマッチポイント。
確かにここで1点でも取られればストレート負けで終了の場面だが。
終盤に入った、若手のゴリと福永が活躍し、少しずつ点差を縮めて流れに乗っている時だった。
流れを止めたのは、植田監督。この流れを止めてまでタイムアウトを取る必要あるのか?
このタイムのお陰でベネズエラの選手に落ち着きが。そして最後の1点が入った。
タイムアウトを取らなければ勝てたのかというと、それはわからない。
が、流れに乗っている時は、コートにいる選手を信じてあげようよ。
女子は頑張ったと思う。もったいない!と思うような場面もあったけど、男子に比べれば少なかったな。
リベロの佐野ちゃん、すごかった!速い反応、諦めずにどこまでもボールを追いかける根性!
日本バレーの真髄ここにあり!
あたしもママさんバレーのレシーバーとして、お勉強させてもらいました。

開催地が北京ってことで、そのことでも言いたいことはやまほどあるけれど、
今日はここまでにしておいて、次の記事にでも。
posted by きーまま at 23:47| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | テレビっ子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。