にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ

2008年07月17日

ふい〜!!

バタバタしている間に1ヶ月?いや、それ以上か(^^;
無事、広報誌の1回目を発行することができました。
って、もう次の広報誌の話も出てるし。
てか、それより先にブロック研修会ってのがありまして。
近所の小学校の役員達が集まって、活動報告をするわけです。
これまた運の悪い時期に広報委員になってしまったもので、
今年はうちの学校が会場であり、発表校になってます。
今は各学校に配布する研修会用の小冊子を作ることに専念してます。

さて、子どもたちの話も溜め込んでますよ〜。
更新をお休みしている間の出来事で、一番インパクトの強かったこと。
それは中学校の授業参観。
まあ、ひどいのなんのって。
学級崩壊ってのはよく耳にしていた言葉だけれど、まさか実際に目にするとは。
長女はいたって真面目に授業をうけていたけれど。
窓側の後の席の3人小僧が騒ぐ暴れる。
しかも全く関係ない子に突っ掛かってむなぐらをつかんだりしている始末で。
先生も注意はしていたけれど、叱り方が中途半端で、全然効き目ないし。
それが、長女の隣の席なんだよぉ。いい迷惑だ。
大体さぁ、普段がひどくても、授業参観で親たちが見に来てたら、
ちったぁ〜おとなしくなるもんじゃないの?
平気で暴れてたもんね、ビックリだったわよ。
それが、道徳の時間でして。
先生に対してもオイオイ・・ (;´д`)ノって思ってしまった。
その後の保護者会で、先生にはっきり言っちゃいました。
「授業を進めるのも大事だけど、ダメなことはダメと教えるのが本当の道徳じゃないですか?」って。
厳しいようだけど、あたし間違ってる?
posted by きーまま at 23:45| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 育児日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや。間違ってない!

私が授業参観でそんな場面を見ようもんなら、ゲンコツ食らわせてるわ!
Posted by ame at 2008年07月18日 01:10
マジでー?
母親歴16年、そんな授業参観見たことない。
我が子ならその場で速攻ばちこ〜ん!だけど、
きっとその子の親はそういう席に来てなかったんだろうなぁ。。。
Posted by おなす at 2008年07月18日 10:29
先生も一回怖いというかそういう印象をあたえないといけませんね。
私なんかも、職種違えどやっぱ言いますよ。入居者
も甘い人とそうでない人見抜きますもん。
学級崩壊。私の3つ下の弟の学年では起こってたようです。なぜか1984生まれは、他の年度よりおとなしかったようです。

ってか小僧たちほんとに中学生かな。今問題になってるLDとかじゃないんですかね?別に差別するわけじゃないけど心配だわ(*_*)。
せめて親がいるときくらい大人しくしろって言いたいです。
Posted by tweety at 2008年07月18日 17:28
長女の小学校時代と一緒だ!
授業参観でそれなら普段はもっと酷いはず!!

周りの子達も授業中うるさい(妨害)も
当たり前になっちゃってるんだよね〜
1年から6年間ずっと
何処かのクラスがその状態だったよ。

中学生になって今 どうなってるんだろう?

Posted by かおる at 2008年07月19日 15:36
いんや、間違っておらん!!
きーままさんが正しい!!

先生も親が怖いから怒り方を忘れてしまっているんでしょうね。
萎縮しているといった方が正しいのでしょうかね〜。

親の前でも堂々と叱る、諭す・・・
ある程度、強いスタンスで居ないと先生自身がまいっちゃいますよね。

あぁ〜僕がパパになるころはどんな事になってんのかなぁ?!(^^;)
Posted by PHATS at 2008年07月21日 12:49
ame。ちゃん>

その3人小僧、あたしが見てた目の前だったのよ。
何度椅子ごと蹴飛ばしてやろうと思ったことか。
よく我慢したな自分。
ウチの子だったら誰が見てようと容赦なく蹴り入ってるよ。


おなっしゃん>

実話だよ〜。我が子ならあたしも容赦いたしませんわ。
その子達のうち、母親二人来てたんだけど、
1人は保護者会が始まる前に逃げるように帰って、
もう1人は、自分の子が他の子にしてたように自分の子のむなぐらをつかんでた。
親子だな〜。
逃げるように帰ったお母さんの子は、1人のときは無邪気な笑顔のかわいい子なんだけどね。
3人揃えば…って感じみたい。
なんで席替えして離さないんだって意見も保護者会で出たよ。
先生も席替えをしようと提案したんだけど、生徒たちから猛反対食らったって…。
先生が生徒たちの言いなりになっちゃ、いかんよねえ〜。


大阪支部長>

一時やんちゃ時代をすごしたあたしもわかるんだけど、
ナメられる先生ってのは中途半端な叱り方をする先生なんだよね。
全く叱らない先生は後々成績で落としてくるから逆に怖いしさ。
高校のときの世界史の先生がそうだった。
最初の授業で、「授業中寝てても遊んでても私は注意しません。テストの結果だけで判断します。」
なんて宣言するもんだからさ、テストの点数取らなきゃって思ったら真剣に授業受けちゃったもん(笑)
その結果、商業高校行って商業科目が全滅だったあたしが、世界史だけはオール5。
今思えば、どの科目もテストの点数を取らなきゃいけないのは同じなのに、
先生の暗示に見事にはまってしまったのでした。

明らかにLDとは別物な感じ。
わざと妨害してた様子でしたよ。


かおるちゃん>

そうなんだよね〜。段々それが当たり前になるってところが怖い。
その3人小僧、1年のときは長女とは違うクラスだったの。
長女のクラスは先生がしっかりまとめて平和なクラスだったんだけど、
3人小僧がいたクラスは、最初の担任が頼りない先生で叱れなかった上に、
産休に入ったのをきっかけに、コロコロと担任が替わったのね。
当然生徒全員は不安にもなるし、先生をナメるようになるよね〜。
そんで、2年生になってクラス換えをして、先生をナメる子が分散して、
3人小僧が長女と同じクラスになっちゃったんだわ。
1年のときに長女と同じクラスだった子たちは、最初は戸惑ってたけど、
今は慣れちゃってるって言うもん。
あんなのに慣れちゃいかんよね。


会長>

会長の子が授業を妨害しないように躾て育ててください(^^)

先生もやりづらいでしょうけれどね…。
ずっと授業を妨害されるよりは、親に何を言われようと生徒たちにガツンとぶつからないと。
ぶつかって、向き合って、それで理解し合えるようにしなきゃいけないと思います。
Posted by きーまま at 2008年07月28日 11:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103087200
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。